プロフィール

noma

Author:noma
大厄が終わる直前から
10年来の夢だったコー
ギー犬を飼い始めまし
た。


とと:2005.10.25生♀

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

MyBookmark(無断Link)

*******

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mail

name:
mail:
subject:
message:

FC2BlogRanking

FC2 Blog Ranking

QRコード

QRコード

とっとことと
コーギー犬ととの記録とか 色々と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突撃,マダムの昼ごはん

お花教室でご一緒させていただいている,マダムのお宅に突撃。*************
平日だったので有給取ってお伺いした。有給って本来こんな風に使うためにある
のだと信じています,とかと訳の分からない言い訳をするほど追い込まれている
時こそ,ズル休みリフレッシュが必要(断言。*****************************


09_07_14_03.jpg

いかにも手が入ってますというようなお庭も嫌いではないけれど,落ち着くのは,
やっぱりこんなお庭。自然な感じがするけれど,ホントはとっても手が入ってるの
だと思う。***********************************************************


09_07_14_04.jpg

モソモソモソっとギボウシやアジサイの陰からコーギー達がわらわらと出てきそうな,ターシャ
のお庭のよう。ととさん,きっと大興奮で転がりまわることでしょうと,しばし妄想。


09_07_14_01.jpg

メニューはトマトソースのパスタ,鶏とジャガイモのコンフィ,鮭のサラダ仕立て,シーフードマリネ,ヴ
ィシソワーズ。***********************************************************


「いつもこんな食事ではないのよ。」と仰ってはいたけど,ちゃちゃっとメニューを組
んでテーブルもステキにセットしちゃうのはいつもではないにしても慣れてるからに違
いない。そんな一々に日頃のステキ生活を垣間見る。少しだけ作るのをお手伝い。
どれも自分にもできちゃうかも?と思うほどシンプルで,しかも美味しい。同じ鮭を
焼くにしたって,スプラウトやらエンダイブやらチコリなんかでサラダを作ってのっけちゃう
だけでこんなステキな一品に。****************************************



09_07_14_02.jpg

デザートもしっかり頂く。堂島ロール,タルト,マダムお手製の枇杷のゼリー。***********
昨年我が家にやって来た堂島ロールは,無知蒙昧な夫婦に乱暴に切り分けられ,
手掴み・鷲掴みで粗暴に食い散らかされた。同じ堂島ロールに生まれても,こんな
風に食されると,デザート冥利に尽きることだろう。**************************



テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

坂本龍一 playing the piano
09_03_25_01.jpg

おめかしして出かけたかったのだけど,職場から直行。忙しかった一日の終わりに
ゆったりと音楽を聴く時間が持てて幸せ。一緒に出かけた友達との他愛無いお喋り
に時間を忘れた。******************************************************


明日もがんばろう。*****************************************************



佳き日


歳若い友人の結婚式に出席する。共通の友人が仕事の都合で出席できない
ため,初対面の人とはなかなか打ち解けられないタチなので,どうやって時間を
過ごそうか不安であったけど,その場で新たに歳若い友人ができて楽しい披露
宴となった。ありがとう,メグちゃん。************************************



■ 続きを読む。 ■
お誕生日週間 2

09_02_08_02.jpg

今年は西川沿いにあるpatisserie trunkのケーキでお祝いしてもらった。たくさん食
べたいからではなく,家族が二人しかいないので仕方なく15cmのホールを半
分食べている。
****************************************************

祝ってくれる家族が他にいないから仕方ないのだ。*******************
たくさん食べれて嬉しいけれど,コレはコレで味気ない感じがしないでもない。***

09_02_08_01.jpg




テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

一番ステキなカラダで走れ。

天満屋カード会員への催事やセールの案内の中に「日本の明日を担う OKAYAMA 
アートフェア村上隆、草間彌生、奈良美智など、海外でも高く評価されている日本
人芸術家を集めたアートフェアです。2月8日(日)14時より会場にて、明和電機ラ
イブパフォーマンスもございます。
」という一文を発見。当日は何やかんやでカツカツだ
ったのだけど,無理繰り時間をこじ空けて天満屋へ急ぐ。駐車場からはとりあえず
走った。勢いグ夫も走らせた。*******************************************

着いた途端に「コレを見るためにあんなに走ったのか」とグ夫に呆れられるが,実際
コレが見たいがためにあんなに走ったのだ。正確に言えば,コレと社長を見たいため
にあんなに走ったのだ。何か問題でも?********************************


09_02_08_03.jpg

ライブパフォーマンスではなく,ギャラリートーク。コレ↑を説明している時にはコレを壊し,子供
には芸人の心得を教え(「芸人はお客さんにお尻を見せない。」),前日訪れていた
津山のつやま自然のふしぎ館について熱く語っていた。何しに行ってたんだと言い
たいところだけど,語りたい気持ちは分かる。二度ほど行ったことがあるけど,アレは
スゴい。何がスゴいって,夥しい剥製の数々に人体臓器の実物展示。剥製はワシントン条
約発効前だったので,キンシコウ、インドライオン、ウンピョウ等の希少動物も剥製に
されてジオラマ形式で展示。人体臓器に至っては創設者、森本慶三氏が医学の為に
と,自らの遺体を献体して展示。そういう意味でスゴいと理解していたのだけど,社長
によると剥製に関しては東京の国立博物館以上だと。中でも「死んだ目をした巨大な
セイウチ」に目を奪われたとか。*****************************************

テクノロジーが進化し小型化していくのは結構なことだが,人間サイズのダイナミズムが失
われていくとか,ipo○が嫌いだとか色々と話されていたけれど****************


あのセイウチは目だけ死んでた,半死にじゃありません。全死にです。


とあの場にいたみんながツッコミたかったのではないかということばかり気になったギ
ャラリートークだった。「コレ見るために.........」と呆れていたグ夫だったけれど,楽しんでい
たようだ。***********************************************************



テーマ:夫婦二人暮らし - ジャンル:結婚・家庭生活

お誕生日週間
また一つ大きくなった今週,グ夫に岡山では評判のいいお鮨屋さんに連れて行っ
てもらった。夫婦揃って飲みたい人なのだけど郊外にあるので,今回はお誕生日
の私が運転手に。その分しっかりご馳走してもらうということで手を打ったのだけ
れど。あてのモッツァレラチーズのづけを食べた途端に運転手を買って出たことを激し
く後悔した。なので,帰りにスーパーの酒屋でコレを買ってもらっておうちで飲む。**


09_02_07_01.jpg


モエ・エ・シャンドンがオーストラリアのグリーン・ポイントというところで作ったロゼのスパークリング。
このスパークリング,栓がコルクではなく王冠だった。そのせいなのかよく分からないけ
ど,栓を開けた途端,噴出してきて大変だった。***************************




■ 続きを読む。 ■

テーマ:平成キモノライフ - ジャンル:ファッション・ブランド

なかよし夫婦

ある寒い夜のこと,近所の自販機まで缶ジュースをグ夫と連れ立って買いに。
どんな話をしていてそんなことになったのか忘れたけど,(多分,グ夫がな
かなか出てこなかったから?)玄関出てすぐグ夫を蹴る仕草をしたら,グ夫
が,**********************************************************

「嫁にジュース買って来いと,寒空に家から蹴りだされる」


「買って来いなんて言ってないし,家の中から外へ蹴りだしてないし,笑っ
てそんなこと捏造するな」とかと言って背中を軽くはたくと,************


「ジュース買って来いと言わんばかりに寒空に家から蹴りだされ,**
****************
ヘラヘラすんなと言わんばかりに小突かれた」



とヘラヘラしながら呟かれた。捏造した部分をグ夫の主観による表現に差
し替えられたため,嘘ではない。けれど明らかにミスリードを意図しているの
で,**********************************************************


「ジュース奢れよな。」(命令口調)


とミスリードでなくなるようにちゃんとパシり扱いしてあげた。**************
期待に応えるステキな奥さん,自分万歳。***************************




テーマ:夫婦二人暮らし - ジャンル:結婚・家庭生活

順番通りにお願いします
20090205201539


ありがたいことに年に一度は都会へ研修に出していただいている。
そして研修を口実にこの時期の都会へ繰り出すのは,岡山では手に入らな
いチョコレートを購入する聞けない有り難い講演を拝聴するため。今年は,名古
屋で味噌煮込みうどんを食べるついでに有り難い講演を拝聴。
日頃の行いがアレなので研修で疲れたため味噌煮込みうどんは食べることが
できず,新幹線改札近くで素きしめんをすすり帰宅。

それでも,せめて美味しいチョコレートぐらいは食べたいので私の帰宅を待つ夫
にお土産にしたいので気力を振り絞り高島屋のアムール・ドショコラへ。
ここ数年岡山でもピエール・マルコリーニだの,ジャン・ポール・エヴァンだののショコラティエの
チョコレートもこの時期は手に入るようになったので,岡山ではきっと手に入らない
であろうショコラティエを目指して会場へ突入。

09_01_30_01.jpg
で,会場の奥深く別のメゾンとはちょっと別扱いな感じのミッシェル・ブランのフロリレージュ
を購入。世界的なショコラティエ,ミッシェル・ブランがアムール・ド・ショコラのために創作。繊細
でエレガントな「ジャスミン」、心癒される「ラベンダー」など、花のフレーバーやエッセンスを練り
込んだ5粒。このミッシェル・ブランという方,優秀パテシェ賞、フランス最優秀職人賞、最
優秀ショコラティエ賞の三冠に輝く、フランス菓子界の至宝だとか。それなのになぜ日
本で知られていないかというと、お店がアルビというパリから遥か南遠く離れた地
方都市にあるということからだそうで。
09_01_30_02.jpg
中身はこんな感じ。5粒だから一人分2粒半に分けようと思っていたら,

「右記の順番でお召し上がり頂くことをおすすめいたします。」
 1.ジャスミン → 2.ネロリー → 3.ヴァイオレット →4 .ローザ → 5.ラベンダー

とかというリーフレットが入っているので,おすすめ通りに頂くため包丁で半分に
カット。花のフレーバー云々という文句のわりには全くフレーバーを感じなかったのに
口に入れた途端フレーバーが。順番を守らずに頂いたことがないので順番を守っ
て食べたことが,どうプラスに作用したかは不明だけど美味しかった。


ヴァイオレットのフレーバーは苦手なので,それを除けば満足。


2月11日追記
数量限定だけど,岡山高島屋でも購入可能らしい....................orz







テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

節分に向けて フラワーエッセンスの会

09_02_01_01.jpg

昨日の個人セッションに引き続き,今日はことほぎの香りを主宰されている上野七
歩子さんを講師にお迎えしたセミナーに参加した。2日続けてレメディーを選ぶってど
うなんだろう?と思い佐枝さんに予めその旨を尋ねてみたら,「個人セッションでは
現在のマイナスな状況のバランスを調えるレメディーを選び,セミナーではこれからの自分
に必要な,よりポジティブなレメディーを選ぶことになる」ということだった。マイナスな状
況も調えたいし,旧暦の新年の始まりであり,誕生日でもある節分,それに合わ
せて選ばれるエッセンスはとても意味のあるものになるに違いない。昨年,厳しい状
況でもがいている時にも若い易者のお兄さんにも私にとってこの節分は何やら大
きな節目になると聞いたこともあり,私自身が何を選ぶのか期待が膨らんだ。**

講師の上野七歩子さんについて今回のセミナーの案内を頂くまで全く存じ上げなか
ったが,いつもセッションをしていただいている佐枝さんの師匠にあたる方で,フラワー
エッセンス研究における日本での第一人者という方。体の声を聞き、氣の流れを読
み取るカウンセリングや氣の流れを活性化するトリートメントを行なうセラピスト。初対面な
のに何だか以前から知っている方のように感じた。(未知に対してどちらかといえ
ば警戒心を持って接し,一応の確認が取れない限りその警戒は解かない自分な
のに,初対面からそんな構えを全くしていなかったと後日気が付いた。)*******




09_02_01_02.jpg

節分という節目に,この新しい1年について宣言する。そうして自分自身の意識や
心のあり方を変えて,自分の望む方向に進んでいく。そのサポートとなるエッセンスは
アスペンだった。自分の中にある恐怖から制限をしていることを,恐れず体験するこ
と。今回も昨年の6月のセッションように腑に落ちないレメディーだったので,セミナー終了
後,上野先生に少し詳しくうかがった。「新しい変化が起きる」だろうということだっ
た。それは「自分の望む変化を願い,その変化を恐れず体験すること」ことなのか
とうかがうと,「新しい変化を期待する」ことだと仰った。ただ,シンプルに変化を期待
する。とても力強い言葉だった。****************************************

アスペンを取るようになって以降,よりハッキリした夢を見る。それは,かつてから望ん
でいたことに取り組み始めた自分の姿であったり,きちんと向き合わなければなら
ない問題に落ち着いて向かい合っている自分であったり,もう何年も会っていない
人たちからのメッセージであったり,明らかに気にかかっていることをそのまま夢に見
ている。以前なら,そんな夢に苦しめられている感覚に悩まされていたが,今はそ
の奥には最終的に自分を高めたり,自分を自分のためになる方向へ導く「何か」
があると信じることができる。それは私の内なる声の導きとともに私を自分から愛
を与えられるように成長させるものであり,何も恐れることはないものであるのだ
ということを。*******************************************************





テーマ:バッチフラワーレメディ - ジャンル:心と身体

必要なものは全て近くに。

09_01_31_01.jpg

2年ほど前にフラワーレメディーに出会い,機会に恵まれ定期的に個人セッションを受けて
いる。最初はワークショップでご一緒させていただいた方と二人一組になって,自分に
必要なレメディーを選んだ。38種類あるレメディーの持つ意味も何も知らないまま,フラワ
ーカード(フラワーレメディーに使われる38種のお花の写真カード)を使いOリングテストで選ん
だ。上司から私自身と職への尊厳を踏みにじる行為を受け,色んな感情が暴走し
ていたところへ選び出されたカードはチェリープラム。各レメディーを良く知る誰かに選んで
もらった訳ではないのに,今必要なものをきちんと選べていることに驚いた。****

昨年の6月にセッションを受けたときは,仕事の愚痴,職場の困ったちゃんのことをひ
たすらプラクテショナーの佐枝さんに話してしまった。「せっかくこうして会うことができた
のに,その人の話ばかり。それはあなたが(私)がきちんと自分の人生を生きようと
していないからでは?その人を心配して話しているように聞こえはするけど,自分
の生を全うできないような人が誰かを心配するなんておこがましいこと。」とズバり
と言い切られた。その時のレメディーはセントーリーセラトー。どちらも今の自分に全くに
必要とは思えなかった。***********************************************

けれど,選ばれたエッセンスをとり続けていくうちに向き合わなければならない問題か
ら目を逸らし,些細な問題に逃げ込んでいる自分がいるのに気が付いていった。*
頭でいくら考えても必要と思えなかったものを,私の体や感覚,直感は必要として
いたのだけど,結局のところ感覚が間違っていなかった。それは正しくセラトーの象
徴するもの,そのものだった。高校生の頃だったか,背伸びして読んだゲーテの言
葉に「感覚は欺かない。判断が欺くのだ。」というものがあった。この言葉を身をも
って実感できた経験だった。*******************************************


そして半年ほど経過した今回は再びセラトーホリー。私は私の内なる声の導きで,
自分から愛を与えられるように成長しようとしているのだと思う。いつものように
頭でいくら考えても,決してそんな思いが自分の中にあるとは思えないが,私
の感覚は決して間違えない。そして,私はその感覚を信じている。**********





テーマ:バッチフラワーレメディ - ジャンル:心と身体


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。