プロフィール

noma

Author:noma
大厄が終わる直前から
10年来の夢だったコー
ギー犬を飼い始めまし
た。


とと:2005.10.25生♀

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

MyBookmark(無断Link)

*******

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mail

name:
mail:
subject:
message:

FC2BlogRanking

FC2 Blog Ranking

QRコード

QRコード

とっとことと
コーギー犬ととの記録とか 色々と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の儀式
職場の大掃除で雑巾を絞った。
元の色が分からないくらい,何かしら体にきっと良くないと思われるもので
黒く染まり汚れた雑巾を素手で何の躊躇いもなくぎゅっと絞った。何かしら
きっと体に良くないものが手についたまま雑巾がけをした。濡れた手が乾く
につれて手が必要以上に乾燥していくように感じたけれど。

もうこの両手は無数の水疱とともに激しい痒みが起きないから。
今年はあの儀式をしなくてもいいから。


 
                       (長くて自分語りです。)
儀式は水に触れる際事前事後に行う。
水に触れる際はまずクリームを塗り綿手袋をした上にラテックスのグロー
ブを着けておかなければならない。そして直に水に触れる触れないに関わら
ず,事後は速やかに真水で丁寧に手を洗いクリームを塗りこみ綿手袋を着
ける。事前と事後に着ける綿手袋はもちろん別のものを着ける。そして保冷
剤を両手に握り痒みに怯えながら時をやり過ごす。ラテックスグローブの中
にこもる湿気で痒みがおきることもあるから儀式は事前事後と,ただただ粛
々と行わなければならない。

当然洗顔も洗髪も例外ではない。
事前事後の儀式を欠かさず洗った。
儀式以前に洗顔料・シャンプー,皮膚に触れるもの全てを石鹸や天然のもの
に替えていたがその努力も虚しく触れれば水疱と痒みがおきる。ついには
水に触れれば水疱と痒み。ここまできたかと途方に暮れたけど,それが終
わりではなかった。

風が当たっても痒みがおきた。
どんなに厳重に儀式を行っても痒みが起き,血が滲むまで手を掻き毟るこ
とも多くなった。そして痛みを生じだした血の滲む両手を見ては泣いた。

じっとてをみる

啄木の詠ったのはこんな気持ちだろうかとか今にして思う。
                (でもそれは違うと思う。)

掻き毟った両手は炎症を起こし腫れあがる。
それはまるで両手に10匹のイモ虫が付いている様に見えた。
イモ虫を曲げようとするとイモ虫は叫び声を上げる代わりに皮膚を裂き血を
滲ませた。その上激しい痒みのおまけまで。

そんな状態が続き出してからは洗髪は連れ合いにしてもらうようになった。
連れ合いの残業が月200時間を越えていた頃だったので毎日と言う訳には
いかない。それでも少々不潔なのは我慢できるが痒みは我慢できない。




スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tottokototo.blog44.fc2.com/tb.php/238-ac4f26c0
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。