プロフィール

noma

Author:noma
大厄が終わる直前から
10年来の夢だったコー
ギー犬を飼い始めまし
た。


とと:2005.10.25生♀

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

MyBookmark(無断Link)

*******

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mail

name:
mail:
subject:
message:

FC2BlogRanking

FC2 Blog Ranking

QRコード

QRコード

とっとことと
コーギー犬ととの記録とか 色々と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きみはゆたんぽ
20070219100954
備前平野に春を呼ぶ会陽も終わり,
その上暖冬のこの冬ではありますが
暖かい何かに包まれて眠りたい夜が
まだまだ続きます。

去年までは電気毛布に包まれて
惰眠を貪っておりましたが,
この冬からはととで暖をとっております。

布団に入ったら
ととが苦しくないように
なおかつ逃げれないように
優しくがっちりお腹のあたりで
ととを固定。
じんわりとととの体温がお腹に伝わり
心地よい眠りが訪れます。

(足先が冷えるのは
主人の温かい足に私の冷えた足を
くっつけて暖をとります。
もちろん嫌がられます。)

そして私の意識がなくなる頃
ととは力の抜けた私の腕の中から
そそくさと抜け出し
私の足元あたりで丸くなって眠るのです。

ととの鼻息の荒さから
今日は一刻も早く逃げ出したいのに
我慢してるんだなとか
ととのかく鼾の大きさに
(あまりの大きさに主人の鼾と勘違いするほど)
今日はここで寝てしまうのに
不満はないのだろうなとかと
思いながら寝るのも面白くもあります。

幼い頃猫と一緒に寝ていましたが
その猫は腕の中にいることが我慢ならず
すぐにどうでも逃げ出していたものです。
ととは辛抱に私が眠るのを待ってくれるみたいで
そのいじらしさに嬉しくなっています。

寝入りばなのゆたんぽのお役目を終えたら
どこでも好きなところに
寝てくれて構わないのですが,
最近ととは私と主人の間に入り
主人の胸の上の辺りに
陣取って丸くなっているのです。
そうすると私に掛かっている大布団が
主人の方へ引っ張り気味になって
私から大布団が外れてしまいます。

せっかくととの体温のおかげで
心地よい眠りについたというのに
寒くて目が覚めてしまいます。

それだけは勘弁願いたいところなのです。
以前のように
私の足元で丸くなって欲しいのです。

決して他の女に主人を取られたとかと
ヤキモチ焼いているわけではありません。

というわけで
今晩からは足元ということで
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:かわいい♪コーギー - ジャンル:ペット

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tottokototo.blog44.fc2.com/tb.php/108-15e89a35
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。