プロフィール

noma

Author:noma
大厄が終わる直前から
10年来の夢だったコー
ギー犬を飼い始めまし
た。


とと:2005.10.25生♀

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

MyBookmark(無断Link)

*******

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mail

name:
mail:
subject:
message:

FC2BlogRanking

FC2 Blog Ranking

QRコード

QRコード

とっとことと
コーギー犬ととの記録とか 色々と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧の中の恋人
07_02_17_04.jpg

幼かった頃ポプリやハーブに夢中になった頃がありました。
1980年当時現在のようにポプリやハーブは一般的でなく
地方に住んでいる私がそんなものに触れるには
通信販売でポプリにつかう花やハーブの種子を購入し自分で育てるか
本でその香りを想像するしかありませんでした。
このニゲラも当時の私にとってはこのニゲラもそんなものの一つでした。

そんな頃に読んだ広田せい子さんの
「香りの花束―ハーブのある暮しから」
にこのニゲラについての記載がありました。
その後の度重なる転居のうちに本を紛失してしまったのですが
ニゲラについての下りは印象的で今でもよく覚えています。

日本ではクロタネソウと呼ばれるニゲラですが,
繊細な葉に包まれて咲くその姿から英名では
Love in the mist(霧の中の恋人)
と呼ばれるそうです。

今日のお花教室はこのニゲラを使ったアレンジでした。





07_02_18_04.jpg

花材 ゼンマイ
   カーネーション
   スイーチピー
   ガーベラ
   ニゲラ
   ヒゲナデシコ
   コヒバ

ヒゲナデシコは愛知万博のキャタクターのモリゾーのようなミドリのモッサモッサしたモノです。
このミドリのモッサモッサが花弁だということです。


07_02_18_03.jpg

ゼンマイは園芸用のもので茎が非常に硬く切るのに苦労しました。



07_02_18_01.jpg

いつもながら先生の花材の取り合わせの良さで
なんとかさまになっている感じです。
スポンサーサイト

テーマ:フラワーアレンジメント - ジャンル:趣味・実用

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tottokototo.blog44.fc2.com/tb.php/105-2b4eb04e
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。